企業様インタビュー

エンジニアが設計したモノが、新たな時代を創る 原田車両設計株式会社 人事総務部人事総務チーム 友安藍氏

 

簡単に事業内容のご説明をお願いします

 自動車関連の設計が得意な会社であると同時に、次世代モビリティ、自動運転・搬送車両、宇宙・航空機部品、ロボット、美容機器などの開発で活躍している会社です。

 1998年に設立して24年目の会社ですが、トヨタ自動車、パナソニック、JAXAから開発委託を受けて製品化までのプロセスを一気通貫で行える会社です。

 社員一人ひとりの成長が会社の規模の拡大につながり今に至りますが、当社のモットーである”楽しく仕事をすること”、また働きやすい環境作りの為に「育休取得」「時短勤務」といった社内規定の改善にも力を入れています。

 仕事を通して社員の成長とやりがいを見出し、長く働ける企業となることに取り組んでいます。

2025年までに“メーカー企業”となる

 当社は創業当時から、定年までエンジニアで活躍できる会社を目指し「受託開発」を基本とした事業展開をして参りました。受託開発を行う為に、社内にCADライセンスを46有して、エンジニアが活躍する作業環境への投資に力を入れています。

 電気・制御・機械各設計ノウハウや製造技術を生かして、「私たちは2025年までに、世界中から必要とされる開発メーカーになる」ことを目標に、自社商材で機能性だけではなく心も豊かになるような製品を作り社会貢献したいと考えています。

 当社エンジニアが開発した製品が、客先で活用され役立っているのを目の当たりにすることが増えてきた半面、これから世に出していく自社開発製品が世の中でどう評価されていくかと思うと、私自身もワクワクしています。

開発環境としての”風通しの良さ”を重視しています

エンジニアが長く活躍できる職場・風土とは?

人事総務チームの友安藍氏

 メーカー企業を目指す弊社にとって、”エンジニアが活躍しやすい職場・風土の実現”は重要と捉えています。

 まず、エンジニアのやりがいとして、自身が担当する開発プロジェクトには、一定の裁量を全員が持っています。やり遂げた際の自信につながりますし、もちろん希望があれば上司やプロジェクトリーダーからサポートもしっかり行います。

 長くエンジニアとして活躍していただくには、家族やご自身の時間も大切にしてほしいと思っています。男女関わらず取得できる育休制度、子供が小さい時などに使う時短勤務制度も運用しています。家族とのコミュニケーションを大切にしたうえで、ご自身のエンジニア人生を作り上げるように環境を整えていきます。

最後に、貴社にとっての「Achieve」とは?

 まず2025年までに、世界中から必要とされる開発メーカーになるために、エンジニアが活躍しやすい環境と開発力を高めるために保有設備を充実させていきます。

 その先にあるAchieve(達成する事)は、我々の企業理念にあるように「世のため、人のため、地域のために、製品開発を通して明るく楽しく心豊かな生活を作るために貢献します」を実現する商品を世に送り出していくことです。

 

原田車両設計は何を果たす会社か?

なぜエンジニア職についているのか?

 日々、忙しくしていると忘れがちな問ですが、個々のエンジニアとして必要とされ成長を実感できることが、結果として企業の成長につながります。企業としての成長は、社会貢献で恩返しすることが原田車両設計の想いでもあります。

 エンジニアスタッフは、日々まだ世に出ていない製品開発をタイトなスケジュールで設計~製造まで対応しています。私は人事ですが、我々の想いを共有できるような方を採用させて頂き社業の発展を人材育成も踏まえ支えていきたいと思います。

代表取締役・原田 久光氏
Page Top