転職ノウハウ・コラム

【面接のコツ】面接時のNG回答事例集

転職時の企業面接で、良くある質問・場面など、慣れていないと答えや対応方法で悩む人も多いのではないかと思います。

そこで、面接でよく見られる事例を元に、対応方法をご紹介していきます。面接の対応で不安に思っている人は、参考にしてみて下さい。

「私の強みは●●です」

「あなたの強みは何ですか?」
面接で聞かれるお決まりのフレーズですね。

かなり高確率で質問される内容だと思いますが、答え方で大きく印象が変わる質問です。企業側の意図としては、もちろん応募者の強みを知りたいと言う想いもありますが、それとは別で答え方を見ていると言う企業もあると思います。実際の事例を元にNG例を見ていきましょう。

NG例「私の強みはコミュニケーション力が高い事です」

一見、無難な回答に見えますが、これだけだと質問者は以下の疑問を持つと思います。

「コミュニケーション力が高いって、具体的に何が得意なんだろう?」
「ただ、誰とでも仲良くなれるって事かな??」

そもそも「コミュニケーション力」と言う言葉は範囲が広い言葉なので、言葉としては認知されていますが、共通のイメージになっているか分かりにくい言葉でもあります。

この場合、以下のポイントを踏まえると、より伝えたいことがクリアになり伝わりやすくなります。

● 更に一つ掘り下げて、誰もがイメージしやすいような言葉に置き換える。
● 具体的なエピソードをつけて、強みである理由を明確にする。
● エピソードにも身近な起承転結をつけて、元々の狙いと成功した行動を伝える。

自分の強みを分かりやすく伝える

これらのポイントを踏まえた回答例を見てみましょう。

「私の強みは、利害が反する人たちも巻き込みながら、チームを一つの目的に向かって進めて行ける事です。前職では、リスクを乗り越えて積極的に前に進めようとする人と、リスクに非常に慎重な人と一緒にプロジェクトを組んだことがありました。私は、最終的には全員が納得して結論を出すことが大事だと考え、まずは間に入って双方の考えをひたすら聞きました。そうしたら、双方が製品をもっと良くして行きたいと言う気持ちは同じだと言う事が分かったので、双方の想いと拘るポイントや理由を整理して、双方に理解してもらうような働きかけを粘り強く行いました。その結果、段々と全員の距離を縮めていく事が出来て、最終的には目標としていた成果を達成する事が出来ました。

このような話し方をすると、その人は何が得意で、どんな行動が出来るのかが分かりやすくなり、企業の担当者もイメージしやすくなりますね。

「転職理由は●●の為です」

転職理由も、高確率で聞かれる質問ですね。

そして転職理由は企業が最も重視する項目の一つと言っても過言ではありません。このような質問をされたとき、言ってはいけない理由とは、どのようなものでしょうか?

NG例「転職理由はスキル(キャリア)アップの為です」

転職理由を聞かれたときに、思わず言いたくなるのが「スキルアップ」や「キャリアアップ」と言う言葉です。

しかし、「スキルアップ」は個人が取り組むべき事で、転職したからといって実現できるものではありません。また、「キャリアアップ」も共通イメージが持ちにくい言葉で、「何をもってキャリアアップと考えるのか?」など、相手には明確に伝わりにくい言葉でもあります。

このような内容を上手く伝えるには、下記のポイントが重要です。

● どのような能力を伸ばしたいか、具体的に伝える。
● その為に、自分がどのような努力をしているかを伝える。
● そのスキルを応募企業でどのように活用し、貢献していきたいかを伝える。

転職理由を分かりやすく伝える

これらのポイントを踏まえた回答例を見てみましょう。

「私は、マネージメントレベルをアップできる環境を求めて、転職を考えました。元々は個人で成果を出す事に喜びを感じていましたが、徐々にチームで成果を出す事にも喜びを感じるようになり、前職ではチームリーダーを任されて、少人数のチームをマネージメントしていました。その時も、自分なりに勉強をしたり、工夫しながらチーム運営を行ってきましたが、会社の規模もあり、関わる人数や範囲なども限られている事から、自分の成長に限界を感じるようになりました。自分の将来を考えた時に、より広い範囲で多くの人数と関わっていけるような環境が必要だと感じ、転職を考えるようになりました。御社で自分自身を更にレベルアップさせて、所属するチームで高い成果を出したいと考えております。」

このような伝え方であれば、自身のマネージメントスキルアップやキャリアアップと言った、伝えたかった意図を、誤解なく正確に伝える事が出来ると思います。

まとめ

この記事では、企業側の視点を元に、面接時のNG回答事例や自分の意図を上手く伝えるポイントについて紹介しました。

企業への回答では、
 ● 誰もが同じイメージを持てるように、一般的な言葉を更に深堀して表現する。
 ● 答えの背景や理由を、具体的なエピソードと共に伝える。
 ● 企業側にも、あなたが入社する事でポジティブな影響がある事をイメージしてもらう。
といったコツを押さえる事が大事です。

実際の面接では、上記をイメージしていたとしても、スグに言えなかったりするケースも多いです。面接の前には、是非これらのポイントを踏まえて、想定問答で答えを書き出しておくなど、充分に準備しておきましょう。

また、もし不安な場合には自分だけで考えずに、プロにチェックしてもらう事で、企業目線で見たアドバイスや、本当に自分の伝えたいことを漏れなく伝えるためのアドバイスを得ることも出来ます。人生で何十回も経験するわけではない「転職」と言うイベントを、成功できるように準備していきましょう。

Page Top